投稿

小山 乃文彦さん 入荷

イメージ
愛知県常滑市で作陶されている 小山乃文彦さんの粉引のうつわが 届きました。 いつもお願いしている ころんと丸いポット 500mlくらい入ります。 ¥13200  そして久しぶりにそば猪口も。 (約) 径8×6.5㎝  ¥2750 前回好評だった丸鉢。 煮物や丼鉢としても お使いいただけます。 我が家でも大活躍 (約)内径15×6.5㎝ ¥5500 5寸平鉢 シンプルで重なりもよく 使い勝手良さそう 和え物・お浸し、和菓子にも。 (約)径15×4.5㎝  ¥3520 オーレボウル 前回の形とは違い よりシンプルになったボウル。 サラダやスープ、 小丼にも使えます。 (約) 径12×7cm  ¥3850 いつものお料理を引き立て 気取らず使える小山さんのうつわ。 家のごはんには ”やっぱりこんな器がいいよね”と しみじみ思ってもらえるはず。 ひとつひとつ表情や大きさなど 異なりますので、 ぜひ店頭でご覧ください。 通販については数週間~1ヶ月後くらいに オンラインショップ掲載予定です。 日時は改めてご案内いたします。 savi no niwa HP Instagram @saviniwa 520-2302滋賀県野洲市高木194-33 open 11:00 - 17:00 tel 077-586-1806 電車 JR琵琶湖線「篠原駅」北口より徒歩5分 お車 名神竜王インター下車 約10分 駐車場 4-5台

2023年最初のご紹介は...kaonさん

イメージ
2023年最初にご紹介するのは 兵庫県加古川市で制作されている kaonさんの作品です。 棉から糸を紡ぎ、 ご自身で育てた草木などから 紡いだ糸を染め 布を織っておられます。 今回届けていただいたのは 敷物 約48×15㎝ (¥3850) 敷物 約35×10㎝ (¥3080) コースター(小)7cm角 (¥770) 昨年収穫された棉 ふわふわ愛らしい姿そのまま 送っていただきました。 今回、綿以外の繊維を織り込んだ 布もございます。 写真上がkaonさんがお庭で 育てた「苧麻」(カラムシ)の繊維。 麻の一種で茎の皮を剥いで 内側の繊維を採取するそうです。 写真下の繊維は山々に囲まれた 清流のそばで暮らしておられる お友達のもとで採取した「葛」 葛はつる性の植物で そのつるを煮て清流にさらし冷まします。 その後、 ヨモギやススキのムロに入れ 発酵させると 外側の皮がやわらかくなり それを清流で洗い落として 内側から繊維を取り出します。 取り出すのは水道水でも できるそうですが 清流にゆらゆらたなびく 繊維は美しく 輝きが違うそうです。 糸作り、染め、織り、と 大変手間と時間がかかりますが 美しい景色に毎日感動しているという kaonさん その景色をお届けできたらと 今回もひとつひとつ丁寧に 制作して下さいました。 そばにあるだけで お守りのような安心感とやさしさを 感じることができるkaonさんの作品 ぜひ触れてみてくださいね。 営業は1/11(水)~です。 ご来店お待ちしております! savi no niwa HP Instagram @saviniwa 520-2302滋賀県野洲市高木194-33 open 11:00 - 17:00 tel 077-586-1806 電車 JR琵琶湖線「篠原駅」北口より徒歩5分 お車 名神竜王インター下車 約10分 駐車場 4-5台  

そろそろ

イメージ
  年が明けて あっという間に 4 日。 三が日はゆっくりさせてもらったので 今日からメールの整理をしたり 確定申告の準備などを始めました。 皆さんは 3 年ぶりの行動制限なしのお正月 楽しまれたでしょうか? いろいろあったけど 3 年乗り越えてきたんですよね〜(改めて) 悪いことばかりではなく " これから " を考える いいきっかけにもなりましたよね。 良いこと悪いこと、好き嫌い 必要不要、など はっきりと浮き彫りになりました。 私はこの3年間で学んだことを 大切にして 先ずは自分自身が楽しむこと そして、どんな時も感謝することを 忘れずにいたいと強く思いました。 今年もコツコツと 頑張りたいと思います! savi no niwa

2023年スタート

イメージ
あけましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 お正月はいかがお過ごしでしょうか? 私は年末かなりバタバタで あっという間に年が明けて やっと今ゆっくりさせていただいてます。 今年はあまり大きな目標を掲げず 目の前のことを1つ1つ丁寧に またいろいろなことに 反応し過ぎないように 日々楽しく過ごせたらと思っています。 新年は、1/11(水)~営業いたします。 3月まで企画展がないので しばらく常設が続きます。 どうぞよろしくお願いいたします。 皆様にとって幸多き一年になりますように... savi no niwa HP Instagram @saviniwa 520-2302滋賀県野洲市高木194-33 open 11:00 - 17:00 tel 077-586-1806 電車 JR琵琶湖線「篠原駅」北口より徒歩5分 お車 名神竜王インター下車 約10分 駐車場 ABCDへ  

今年もありがとうございました

イメージ
  店舗はすでに営業を終えておりましたが 昨日でオンラインショップの 発送も終え 年内の業務すべてが終了しました。 今年もたくさんの方に お世話になりました。 本当にありがとうございました。 今年はいろいろなことが ありすぎて 心身共に限界を 超えてました(実は...😔) でも、お客様が 楽しそうに器選びされていたり 使い心地を聞かせてくれたり 何でもないことを話しながら 笑い合ったり そんな時間があったから 何とか乗り切れた一年。 来年は、もっと気持ちよく 仕事が出来るように いちいちつまらないことに 反応したり 凹んでないで 日々楽しく過ごすためにも 仕事から少し離れることも 大事だなと思いました。 もっと自分を大切にしなくては。 皆さんも、ですよ~💛 好きなことしてくださいね。 後悔しないためにも。 それでは、来年もどうぞ よろしくお願いいたします! よいお年をお迎えください★ savi no niwa

加藤祥孝 展 終了

イメージ
「加藤 祥孝 展」無事会期終了となりました。 12月にしては暖かい日が多く、 お天気にも 恵まれた1週間でした。 お越しいただいた皆様、 気にかけていただいた皆様 本当にありがとうございました。 東京からこの日のために来て下さった方や 兵庫や大阪、愛知から...と ほぼ県外のお客様で、 初めてご覧になる方が とっても多かったのが 印象的でした。 4年ぶりとなった今展は、 前回と比べて全体的に 落ち着いた色味で 派手さはありませんが 存在感のある器がたくさん並びました。 また弊店の展示では並んだことがなかった 灰釉の器が彩りを添えてくれて 多くの方が心奪われておりました。 そして私からリクエストさせて いただきました 灰釉の 重箱やチーズボードと いった 特別な作品も並び、 こちら目当てのお客様も 多数おられたので、 今回お願いして 本当に良かったなと 思いました。 ご購入いただきました器が 皆様の暮らしにお役に立てれば 幸いです。 この度もありがとうございました。 ------------ 今展をもちまして年内の展示は すべて終了いたしました。 これまでご来店いただきましたお客様、 作家の皆様、 関わって下さったすべての方に 重ねて御礼申し上げます。 savi no niwa  

加藤祥孝 展

イメージ
加藤祥孝 展 会期 12月3日(土)〜12月11日(日) 時間 11:00-17:00 会期中の休み 水曜日 ※今展はご予約なしでご来店いただけます。 今年最後は岐阜県土岐市にて作陶されている 加藤祥孝さんの個展で 締めくくりたいと思います。 加藤さんの器は、ややぽってりとした 温かみのある風合いで、 どことなく愛らしい佇まい。 また手にした時の安心感や どんなお料理も大らかに受け止める 包容力と頼もしさがあります。 4年ぶりとなる今展は、これまでにも ご覧いただいたことのある粉引や鉄釉、 グレー粉引の器に加え、 青緑色の釉溜まりや濃淡が美しい灰釉、 「和」を意識したという山葵粉引の 渋い風合いの器も並びます。 そして私からのリクエストにもいろいろと お応えいただきまして、 新しい作品もいくつかご紹介できそうです。 日々の器はもちろんのこと、 12月ということもあり、年末年始に向けての器も 多数ご用意しておりますので、 お忙しい時期かと思いますが、 ご高覧いただけますと幸いです。 ◎露月さんの和菓子も並びます。 savi no niwa HP Instagram @saviniwa 520-2302滋賀県野洲市高木194-33 open 11:00 - 17:00 tel 077-586-1806 電車 JR琵琶湖線「篠原駅」北口より徒歩5分 お車 名神竜王インター下車 約10分 駐車場 4-5台 普通車は「A」「C」「D」へ 軽自動車は「B」に縦に停めてください。 指定の場所が空いていなければ、 空いているところに とめていただいて構いません。 ご協力お願いいたします。